ルート

コースの説明

大歩危渓谷と児啼爺(こなきじじい)のふるさとを巡るファミリー向けのコース。途中には、吉野川のラフティング拠点などもあるので、1日中アウトドア三昧ができます。

危険カ所

国道32号線を走る際、初心者は川側の歩道を歩行者に気をつけて走りましょう。道路を渡るときはくれぐれも気をつけてください。

難所

藤川谷は緩やかに登ります。小さいお子様や体力に自信のない方は少し厳しい道です。

見どころ

藤川谷沿いの道路には児啼爺(こなきじじい)の他にも数々の妖怪の像が立っています。2008年には世界妖怪協会(会長・水木しげる氏)より全国2例目の妖怪遺産に認定されています。数々の妖怪達を見つけながら走ると面白いコースです。吉野川沿いの大歩危峡の澄んだ水面と白い岩肌のコントラストは、息を呑む美しさです。

難易度

総距離:10.0Km、高低差:109m、所要時間:40分、初心者・ファミリー向け

駐車場(スタート&ゴール)

道の駅「大歩危」は、四国有数の観光地・大歩危(おおぼけ)峡を望むことが出来る景勝地にあります。

最寄高速IC

井川池田